スノーシーズン終了。終了直後はどんな反省をするのか

石川県のスキー場が3月21日で終了します。スノーシーズンが終了したらすぐに反省をしています。

セイモアスキー場 リフト乗り場

*セイモアスキー場リフト乗り場にて

 

スノーシーズンが終了したらすぐに

スノーシーズンもひと段落しました。(私基準です)
毎年、シーズンが終了したらすぐにしていることをまとめてみました。

 

 

 

石川県のスキー場は3月21日で営業が終了します。
私は土日と用事があり、昨日(19日)でスノーシーズンが終了しました。

あと数回の春スキーやゴールデンウィークにはまだいく予定です。
しかし今後は、遊びの要素が強く、私基準ではスノーシーズンの終了です。


スキースクールに所属していたときは「これから、本番」ということで、まだまだシーズンが続いていました。

シーズン中はスキースクールの仕事があり、自由に滑ることができませんでした。

そのためスキースクール期間が終了したあとは、自分の練習でした。
インストラクターの多くが、これからが練習だと言っています。

私は今シーズン、スクール活動を休止していたので(スキー、スノーボードとも)シーズン中も自由に滑ることができました。
ある程度の練習もできたのです。

これからは春に向けて仕事も多くなり、以前のようにあまり春スキーに行けなくなったのもあります。
(楽しさの優先順位が変わりました)

そのため、いったんスノーシーズンは終了です。

いつもシーズンが終わったらすぐに、今シーズンの反省をするようにしています。

 

 

今シーズンの反省

この時期にいつもやるのは、今シーズンの反省です。

 

 

「楽しんでいる」だけならば、これで終了でもかまいません。
しかしスキーもスノーボードもまだまだ上手くなりたいですし、スキースクール活動を休んでいるとはいえインストラクターです。

そのため毎シーズンこの時期は反省をしています。
どんなことを反省しているのかまとめてみます。

 

何回行けたのか

何回行けたのかをチェックします。

 

これはシーズン券の元がとれたのかどうかではなく、ある程度の回数が行けたのかをチェックしています。

私はスキーとスノーボードの二刀流なので回数は重要です。

スキーとボードの二刀流は成り立つのか

スノーボードとスキーを両方やる。その難しさと楽しさ

行った回数が少ないと、どちらも十分に滑ることができません。

人の2倍行くのが理想です。
しかしそれはあまり現実的ではありません。
今は20日以上滑るのを目標にしています。

 

今シーズンは合計18回。
1月2月と、ある事情がありあまりいけませんでした。
すこし少なかったと反省です。
(仕方がありませんでした)

 

自由に行けるように仕事を調整できたか

行きたいときに行けるように仕事を調整できたのかも重要です。

 

病院職員のときは基本的に勤務日以外に行くしか選択肢がありませんでした。

しかし、独立して2年目になります。
仕事量を上手くコントロールできたかが、ポイントです。
昨年は記録的な雪不足でしたので、今シーズンからが本番でした。

仕事以外で行けない時期もありました。
でも、それ以外は仕事を上手くコントロールすることができたのです。
(これまでは冬にオファーが多く、独立後は、なるべく受けないようにしています)

 

ただ滑るだけではなく、考えながら滑ることができたか

ただ滑るだけではなく、考えながら滑ることができたかもポイントにしています。

 

どうしても、楽しく滑ってしまいがちです。
それはそれでいいのですが、ときには惰性で滑ることもあります。

上記のように、まだまだスキーやスノーボードとも上手くなりたい気持ちがあります。

・ただ滑るだけ
・惰性で滑る

は、禁止にしています。

友人といっしょに滑ったときは何も考えないこともありました。
しかし、ひとり滑りのときは何かしら技術的なことを考えながら滑りました。

 

ときには楽しく滑ることができたか

ときには楽しく滑ることができたかもチェックしています。

 

どうしても練習モードになりがちです。
真剣に滑り過ぎて、ときにはスキーやスノーボードが嫌いになることも。

「楽しんでこその上達」と思うようになってからは、楽しく滑れているのかもチェックしています。

ちょっと煮詰まってきたなら「楽しもう」と気分チェンジすることもあります。

楽しく滑るのは上記のように「ただ滑る」「惰性で滑る」とは違います。

今シーズンは上手くいったかと。
おかげで今シーズンは一度も嫌いになりませんでしたし。

 

 

安全に滑ることができたか

安全に滑ることができたかも重要です。

 

シーズン中、何回も滑っていると危険な場面にでくわします。

・ぶつけられそうになった
・ぶつけそうになった
・転倒しそうになった
・大転倒した
・スキー場までの道のりで事故を起こしそうになった
(スリップなど)

スキーやスノーボードをしなければその危険はありません。
究極をいえば、スキー場に行かなければスリップなどの事故も含めケガをする可能性は少ないわけです。

車事故を含め、安全にシーズンを終えたのかも課題になります。

今シーズンは

・スノーボードで1回大転倒
(アイスバーンで転倒し斜面を転んだまま滑り続けました)

・スキーで2回転倒した

(1回目は肩を強打。2回目は左お尻を強打。ともに同じコースで)

・スノーボードで、スキーヤーと3回のニアミス
(危機一髪、お互い回避できました)

・スキー場に行く途中、車が軽くスリップ
(大事に至らず)

などがありました。

9年前の大ケガもあり、近年は慎重です。
滑りはじめも気をつけていますし。

「無事これ名馬」そのためにトレーニングを

スポーツは最初の一回目を慎重にやろう。その理由は感覚が最もフレッシュだから

 

安全10則も意識しています。

5つの安全を守ってスキーやスノーボードを楽しもう

スキーやスノーボードを安全に。心掛けておきたい安全10則


大きなケガのないシーズンでした。

 

 

シーズン終了後、すぐに反省をするのは、スキーやスノーボードの感覚があるから

スキーやスノーボードの感覚がまだあるから、シーズン終了後に反省をしています。

 

 

今シーズンの反省は上記のようなものでした。
これらは私の反省リストでしたが、スキーやスノーボード仲間も同じようにしているようです。

オフシーズンのある自転車仲間からも同じようなことを聞いたことがあります。
(北陸地方は雪が降るので冬は自転車のオフシーズンです)

シーズンが終了したらすぐに反省をするのがいいのです。
スキーやスノーボードの感覚がまだあるうちに、反省をするとイメージしやすいものです。

来シーズンが始まる頃には、すでにそのときの感覚も忘れてしまうでしょう。
反省点や課題も時間がたてば忘れてしまうものです。
(私は完全に忘れてしまいます)

シーズンが終わった直後に反省をしておきましょう。
メモして残しておくのも方法です。


シーズンが終わったら、すぐに反省をしておくことをおすすめします。

 

【編集後記】

昨日で私の石川県でのスキーやスノーボードが終了しました。
最後はスノーボードDAYにしました。
今シーズンはスキーも楽しめました。
これからはウエイトリフティングとウォーキングです。
花粉症対策も

今でもやると鼻が「つ~ん」。でも鼻うがいにチャレンジ(花粉症対策)

カモガヤ花粉症との戦い。後半戦。

 


【昨日のOnce a day】 一日一回新しいことを

・伊右衛門 特茶
・野々市市民体育館でサポート
(20年ぶりにその体育館に行きました)

 

タイトルとURLをコピーしました