月1回だけのチームサポート。それでもサポートを続けている理由は自主練習をして欲しいから

月1回のトレーニングサポートだけでは、決して効果は高くありません。それでも月1回のサポートを長く続けているのは、「自主練習をしっかりしよう」と言い続けたいためです。

社会人バスケットボールチーム*社会人バスケットボールチーム

 

月1回だけでも効果はあるのか

「月1回だけのトレーニングサポートは効果があるのか」よく聞かれる質問です。

 

 

私はトレーニングサポートを仕事としていますから、
「だいじょうぶ。月1回でも効果はありますよ」
と言いたいところです。

同じような仕事をしている人の中には
「もちろん効果はありますよ」
と、いっている人もみかけます。

しかし、私は月1回だけでは決して効果は高くはないと思っています。

理由は月1回ではサポートの頻度があまりにも少ないからです。

トレーニングには

・頻度
・強度
・時間

の3原則があります。
これはトレーニングの原則ですが、トレーニングサポートにもあてはまると思っています。

サポートが月1回だけでは、頻度があまりにも少なすぎます。

私の感覚では、最低でも月2回(2週に1回)。
できれば月4回(週に1回)が理想だと思っています。

もちろん週に複数回あればさらに効果が出やすいのですが、お金がかかる外部のサポートです。
予算に限りがあるチームには、週に複数回のサポートは現実的ではありません。
(もちろんオファーがあれば受けています)

また月1回だけだと、頻度もそうですが、チームの進行状況がわかりません。
選手やチームの調子もわかりませんし、日々のチェックもできないのです。

チームの人数が多ければ、選手の名前と顔の一致にも時間がかかります。
選手のトレーニングフォームなどの特徴を覚えるのにもさらに時間がかかるのです。
(名前を覚えるのが苦手でもあるのですが)

そのため私は基本的に最低月2回からのサポートをお願いしています。

それでも月1回のオファーもあるのも事実です。

もっと「月1回のサポートだけでも効果がありますよ」といえば、仕事は多少増えるでしょう。

しかし、自分から月1回を提案することはありません。

もしも私がカリスマトレーニングコーチであれば「ぐんぐん」効果を出せるかもしれません。
でも私はカリスマトレーニングコーチではありませんし、魔法のサポート手法も持っていません。

残念ながら、月1回のサポートだけではそれほどの効果を出せないのです。


それでも月1回のサポートをしているチームがあります。

社会人のバスケットボールチームです。

 

 

それでもやっている理由

月1回のトレーニングサポートではあまり効果が出ないと感じています。
しかしそれでもやっている理由は、自主練習の大切さを伝えたいためです。

 

 

月1回のサポートでは時間をかけてサポートができません。
年間を通してのプログラムも提供しづらいものです。

「メニュー」と「プログラム」の違い。「メニュー」はお品書き。「プログラム」は給食の献立。

もちろん数か月、数年をかければできるのでしょうが、それでは時間がかかり過ぎます。

たとえばトレーニングフォーム。
そのときにできたとしても、1か月たてば少し変化してしまいます。

アスリートですから飲みこみも早く、コツやカンもすぐに取得できます。
そのため1か月後には、全く違うことをやっているわけではありません。

しかし、カン違いをして覚えていることもありますし、忘れていることもあります。
毎回、修正から入ると貴重なサポート時間がさらに少なくなるのです。
もちろんそれもサポートのひとつですが、毎回だと効率が悪すぎます。

それではなぜやっているのか。
月1回のサポートの日は

・自主練習の成果をだす日
・チェックしてもらう日
トレーニングについての質問の日

と、言い続けたいからです。

これまで書いてきた理由のように、月1回だけトレーニングを真剣にやっても効果は少ないものです。

私は小学生のころ週2回のそろばん教室にかよっていました。
2年間ほどかよいましたが、あまり上達しませんでした。

今になって思えば、上達しなかった理由はわかります。
そろばん教室でしかそろばんをしなかったのが理由です。

ぐんぐん上達していった友だちは、自宅でもしっかり練習をしていたのです。
(大人になって聞きましたが)

そのことと比べるのもどうかとは思いますが、習いごとの肝はココにあるのかなと思っています。
大人になっていろいろなことを習ってわかったことでもあります。

私の師匠はみんな変わった人だった。でもみんな教えるのが上手かった。


「月1回のサポートはトレーニングを習うのではなく、チェックしてもらう日」

そう言い続けたいのです。

 

できる限りサポートを

その社会人チーム。国体強化チームに選ばれ、私がサポートするようになり6年になります。(今は強化チームに選ばれていません)

 

一時期、月1回のサポートもないときがありましたが、最近は確実に時間をとってもらっています。

・上位リーグへの参戦
・予算の削減
・選手の入れ替え

など、いろいろな状況の変化がありますが、それでもオファーをしてくれています。

月1回のサポートでは効果は少ないですができる限りサポートを続けていきます。


そして
「日々、自主練習をしよう」と言い続けます。

 

 

【編集後記】

石川県内のスキー場が21日でクローズしました。
朝、起きたときにゲレンデの天気が気にならなくなりました。
ちょっとだけものたりない気分です。

 

 

【昨日のOnce a day】 一日一回新しいことを

・麵屋こころ 台湾まぜそば(麺半分)
・モーニング パンをご飯に変更 ガスト

 

 

タイトルとURLをコピーしました