スポーツは最初の一回目を慎重にやろう。その理由は感覚が最もフレッシュだから

スポーツにおいて最初の一回目は慎重にするようにしています。カラダの感覚が最もフレッシュだからです。

最初にすること
*最初に雪を踏んでみる(私のルーティン)

 

感覚が最もフレッシュ

感覚がもっともフレッシュな状態である最初の一回目は、とても慎重にやるようにしています。

 

スポーツにおいて最初の感覚は大切です。
あたりまえですが、「最初の感覚」は最初の一回だけしか感じることができないからです。

・ファーストタッチ
・ファーストコンタクト
・ファーストインプレッション

などともいいますが、わたしは「最初の感覚」といっています。

競技練習を始める前や、練習会場に来て一番はじめにやるストレッチなどがこれにあたります。

また、

・トレーニングの最初の種目
・スキーやボードでは滑走の一本目
・投球種目では一投目

なども同じです。

何かをはじめるときには、

・いつもの流れで
・ルーティンのひとつで
・適当に
・ほぐす意味を込めて
・何となく

やってしまうものです。

「出だしは何となくやっても、何回もやっていけば調子が出てくるだろう」

そのように思いがちですが、一回目の感覚はとてもフレッシュなものです。
それを「感じない」手はありません。

最初の感覚をじっくりと感じることができれば、

・きのうの疲れ
・カラダの硬さ
・カラダの動き
・イヤな感じ
・いい感じ
・絶好調
・絶不調

など、今日の「カラダの調子」がわかるのです。

 

最初のフレッシュな感覚を感じましょう。

 

 

スノーボードでの大けがで学んだこと

最初の感覚を大切にするようになったのは、スノーボードで大けがをしたことからです。

 

今から9年前の1月、スノーボードで転倒して大けがをしました。

「無事これ名馬」そのためにトレーニングを

通いなれたスキー場、何百回と滑ったコースでのケガでした。

その日は朝早くからスキー場に来ていたのですが、なぜだかカラダが重く感じられました。
いま思えば「虫の知らせ」でしょうか。

8時30分からリフトが動くのですが、ゲレンデには、なかなか行くことができませんでした。
車の中でグダグタしていましたが、9時30分ごろにやっとゲレンデに出ることができたのです。

リフトを3つ乗り継ぎ最初の斜面へ。
最初の一本目を、何も考えずに「エイヤー」と滑りだしたのです。

すぐに転倒。
左足腓骨骨折、足関節骨折の大けがをしたのです。

即入院、即手術。
結果、三週間ベッドの上で生活することになりました。

たまたま運が悪かったのかもしれませんし、タイミングが悪かったのかもしれません。

しかし、最初の一本目を慎重にやらなかった結果だったのです。
カラダの調子、カラダの感覚に耳を傾けることができなかったのです。

このケガ以来、最初の一回目。
特にそのときの感覚は重視するようになりました。

・スキーの一本目
・スノーボードの一本目
・ウエイトリフティングの一回目
・ウエイトトレーニングの一回目
・ラントレーニングの一回目

など、慎重かつ感覚を大切にしてやっています。
もちろん選手にもその体験を伝え、

「最初を大切にすること」

と、繰り返し言っています。

 

最初を慎重にやるのは、今日のカラダの調子をフレッシュな状態で感じることであり、ケガの防止でもあるのです。

 

最初の感覚の精度を上げるにはルーティンを

大切にしたい最初の感覚。感覚の精度を上げるにはルーティンを決めておくことが大切です。

 

ルーティンとは決められた手順のことです。

・まずこれをやる
・これからスタートする
・まいどのお決まりのこと

ルーティンを決めておくと、カラダの変化(今日の調子)に気がつきます。

・いつもと違う
・いつもと同じ
・絶好調
・絶不調
・なにかが違う

などの感覚がわかるのです。

もしルーティンを決めてなければ、今日の感覚はどうなのかよくわかりません。
「いいのか」「悪いのか」といった、いつもの感覚基準がないからです。

何かを感じたとしても、基準がなければその感覚の精度は低いでしょう。
ルーティンは感覚の精度を上げるためにも有効です。

 

 

スポーツをやるときは最初の一回目を慎重にやりましょう。
感覚がフレッシュなうちに、今日のカラダの調子を知ってから始めましょう。

 

 

 

【編集後記】

朝からセイモアスキー場へ。
天気が良く最高のコンディションでした。
しかし、すぐに雪面が荒れてきました。
コースを変えつつ12時まで。
3時間以上休みなく滑りました。

 

 

 

【昨日のOnce a day】 一日一回新しいことを

・Liberty Air 2 Pro
・はじめての分野の動画購入

タイトルとURLをコピーしました