「四つんばいチェストオープナー」は、自宅でできる胸を動かすトレーニング

胸を動かすトレーニング、「四つんばいチェストオープナー」をやってみましょう。

チェストオープナー*チェストオープナーをデモするO澤さん

 

胸が硬い、動かない

胸が

・「硬くて伸びない」
・「硬くて回旋しない」
・「硬くてあまり動かない」

よく聞くことばです。
以前もブログに書きました。

「胸を伸ばす」と「肩甲骨を動かす」はワンセット「胸椎プル&プッシュ」で胸を伸ばそう

胸の骨、いわゆる胸椎は、日ごろから動かしていないとすぐに動かなくなります。
それを

・予防するため
・動くようにするため(硬い人は)

胸椎を動かすトレーニングが大切です。

自宅でもできる「四つんばいチェストオープナー」トレーニングを紹介します。

 

四つんばいチェストオープナー

「四つんばいチェストオープナー」のやり方です。

 

 

1、肩の下に手、股関節の下に膝をおき、四つんばい姿勢になります。

チェストオープナー準備

足首は安定させるために床に立てておきましょう。
(私は正座のように足首を伸ばしている(寝かせる)ことはしません)

 

2、右の手を頭の上に軽くのせます。

チェストオープナー2

 

3、左手を床に押しつけながら、胸を上に開いていきます。
右の肘を目で追いかけましょう。

チェストオープナー

このトレーニングの目的は胸を動かすことです。
そのため、おへそは真下に向けておきます。
(肩や腰をひねるトレーニングではないので)

4、肘を無理に上げなくても大丈夫です。
胸を開ききったところで3秒キープしましょう。

胸椎はあまり動かないものです。
おへそが動く、肩だけが動くのはカラダをひねっている証拠です。

5、3秒キープしたらゆっくり戻します。
スタート位置を越えて、肘を左のうでに近づけていきます。

 

6、5回ほど続けたあと、左右を変えてやりましょう。

 

これが「四つんばいチェストオープナー」トレーニングです。

 

ポイントは、おへそから上を動かすイメージ

おへそを動かさないで、おへそから上を動かすイメージでやりましょう。

 

 

「四つんばいチェストオープナー」トレーニングは胸を動かすトレーニングです。
かんちがいをしてしまい、カラダをひねってしまうことがあります。

カラダをひねっているチェストオープナー*おへそも一緒にまわっているチェストオープナー(NG動作)


カラダをひねってしまうと、胸があまり動いていないのに、動いているように感じてしまいます。

カラダをひねらないコツは

・ついている手で床をしっかり押さえること
・おへそを真下に向けること

です。

また、頭の上にのせているうでの肩を、ひねり過ぎてしまうこともあります。
すると胸椎ではなく、肩だけをひねることになります。

頭と肘の位置が平行になるのもポイントです。
肘を頭よりうしろにいかないように注意しましょう。

多くの人は胸椎があまり動かないものです。
特に硬い人はほとんど動かないように感じます。

胸椎を無理に動かそうとしないでおきましょう。
(そもそも簡単に動きませんし)
フォームがくずれてしまいます。
思うように胸椎が動かない感じがしても、ゆっくりと動いているイメージを持つことがポイントです。


フォームに気をつけて継続していけば、胸椎は次第に動いていくものです。

「四つんばいチェストオープナー」をぜひやってみましょう。

 

 

 

 【編集後記】

サポートしている高校球児から久しぶりの連絡。
トレーニングの予約でした。
1か月ぶりのサポートなので、
基本的な事からチェックしていく予定です。
チェックと言ってもきついトレーニングですけど。
今週末が楽しみです。

 

 

 【昨日のOnce a day】一日一回新しいことを

・鳥びあ~の 藤江店

 

 

タイトルとURLをコピーしました