ついつい先延ばしをしてしまう歯の治療。すぐに歯科に行く工夫

歯が猛烈に痛い場合はすぐに歯科に行きます。しかし「歯の詰め物がとれた」「ときどき歯が痛い」そんなときは、ついつい歯科に行くのを先延ばしにしがちです。すぐに歯科に行く工夫をまとめてみました。

歯科クリニック*歯科クリニック

 

今、歯が痛くなければ、歯科にすぐには行きたくない

今、歯が痛くなければすぐには歯科には行きたくないものです。

 

私はそれほど歯科が嫌いではありません。
(利用している歯科の先生と相性が合うからでもありますが)

「治療3分。相談20分」そこから私が学ぶこと

歯に何かあればすぐに行くように努力しています。
他の人よりも歯科に行くハードルはうんと低くしているつもりです。

とはいえ、「いま、猛烈に歯が痛い」場合を除けば

・今度でいいか
・都合のいい日に
・次に○○になったら

などとすぐに思ってしまいます。
歯科が嫌いではないとはいえ、できることならばなるべく行きたくないのです。

しかしそんなときは

「よし」

と、自分に声をかけて、すぐになにがしらの行動をとるようにしています。

これが歯科にすぐ行ける方法のひとつだからです。

 

すぐに歯科に行くための工夫

何かあれば歯科にすぐ行くためにしている工夫をまとめてみます。

 

歯を磨いてからすぐに連絡する

私の場合、よく銀の詰め物がとれてしまいます。
銀の詰め物がたくさんあるので。

二週間前にも詰め物がとれてしまいました。
神経のない歯の詰め物がとれたため歯は痛くありません。
(少し舌触りが変わりますが)

今痛くないため、歯科に行く緊急性がありません。
そのためどうしても歯科に行くのが延び延びになってしまいます。

そんな性格がわかるので、私はすぐに歯科の予約をとるようにします。
すぐに予約の電話をするだけではなく、歯を磨いてから予約をするのがマイルールです。

予約の連絡を入れる前に歯を磨くのは、

「今から来ても大丈夫ですよ」

と、言われた場合でも、すぐに歯科に行けるからです。

私の行っている歯科は自宅から車で20分強の場所にあります。
最短で20分で行けます。

もしも歯を磨いていなければ歯を磨く時間が20分にプラスされます。
歯を磨かないで行くのは失礼ですし、歯科のトイレで磨くのも落ち着かないでしょう。
また焦って歯を磨くと、じゅうぶんに汚れがとれていない可能性もあります。

「今から来ても大丈夫ですよ」

このチャンスを逃がさないようにしています。

・歯をよく磨いて10分
・行く準備をして5分
・歯科まで車で20分。

「今すぐ行きます」と「今から30分過ぎに行きます」

では違います。

今は歯科が空いていても、これから30分以降は予約が入っているかもしれませんし。

 

ムリしてでも直近の予約をとる

もしすぐに行けなくても、予約は直近の日を予約するようにしています。多少のムリをしても、です。

予約は今から一番近い日、または近い時間帯をとるようにしています。
もちろんどうしても都合が悪い日を除いてですが。

多少の無理をしてでも他の患者の予約が入っていない日に入れてしまいます。
(ひとりで働いているので、多少の融通はきくので)

直近に予約を入れてしまえば、いつ行こうかと迷うことが少なくなります。
早くに治療または処置にかかれば早い期間で終了するからです。

 

詰め物がとれてしまい、取れた銀の詰め物を再度つけてもらう。
そんな一回の通院で済む場合を除き、

・歯の治療・処置をする
・歯の型をとる→技工士の業者に送る
・歯につける・調整

など、数日にわたる治療期間の終わりを早くすることができるのです。
そのため次の予約も直近でしています。
(その歯科は業者から戻ってくるのに一週間かかります)

今回も次に行ける最短の日に予約を入れました。
(火曜日の朝一)
前日(月曜)の昼過ぎ以降なら大丈夫だといわれていたので、キリのいい次の日にしたのです。

でもそれから数日後、時間を調整すれば月曜の午後に行けそうになったのです。
思い切って一日前倒し、予約を取り直してみたのです。
(ブログにも書いていますし)
その結果、月曜午後一番の時間なら可能とのこと。

迷わず予約を変更しました。
一日前倒しをしたことで火曜日は、午前も午後も何も気にすることなく過ごすことができたのです。

 

「直近を予約する」マイルールのおかげです。

 

行きつけの歯科を決めておく

行きつけの歯科を決めておくのも大切です。

 

今の歯科には20年以上お世話になっています。
以前は自宅近くの歯科、大きな病院の口腔外科、職場の近くの歯科などに通っていました。
新しく開業した歯科にも。

しかし、じっくり話を聞いてくれるスタイルの今の先生と出会い、そこに通うことになったのです。

前職の病院には歯科もあり、とても便利な環境でした。
(仕事の休み時間に行ける融通もききましたし)
歯科の先生にもとても親しくさせていただいていました。
トレーニングのサポートもしていましたし。

それでもその歯科を利用せず、今行っている歯科に通っていたのです。

いつも行っていれば

「先生、あの場所の詰め物、またとれました」
「違う場所が欠けまして」

などと話すこともできます。

予約を取ってくれる事務の方も、20分くらいの距離に自宅があるのを知っています。

そのため

「今からでも大丈夫ですよ」

と、言ってくれるのです。

 

同じところに通うのはこのようなメリットがあるのです。

 

 

歯に何かトラブルがあればすぐに行くと決める

歯に何かトラブルがあればすぐに行くと決めています。

 

めちゃくちゃ痛い、歯が折れて出血が止まらないなどの緊急性がなければ、歯科には行きたくないものです。

しかし、歯に関しては「何かあればすぐに行く」と決めていれば「いつ行こうか」と迷うことはありません。

銀の詰め物がとれてしまっても、歯科にすぐに行けば簡単につくことがほとんどです。
治療が必要だとしてもすぐに行けば、結局、治療終了日が早くなります。
痛い期間も短くなりますし。

早期発見早期治療とよく言いますが、虫歯も早く見つかればラッキーです。

できることなら行きたくない歯科。

歯科にお世話にならなくてもいいように日ごろからケアをする。
それでも何かあればすぐに行く。

そのように決めています。

**********************
歯磨きあとの歯間ブラシ、クロスに加え歯磨き前の歯間ブラシを増やしました。

歯間ブラシ→歯磨き(30分弱)→歯間ブラシ+クロス→デンタルリンス

ルーティンがひとつ増えました。

**********************

 

 

 

 

【編集後記】

月に一回(3時間)計四回おこなわれている、ある研修会に行っています。
国のサービスなので無料です。
どうしてもわからないところがあり、研修日ではない日に行ってみました。
簡単な2つの質問です。
本当はダメだそうですが、特別に教えてもらいました。
そのときは上手くいきましたが、自宅に戻ると上手くいきません。
年会費(来年の3月まで)を払って入会するか検討中です。
もう3分の2が終了しているので……。
悩ましいところです。

 

 

【昨日のOnce a day】 一日一回新しいことを

・ミニ中華丼+揚げ餃子

タイトルとURLをコピーしました