スキーやスノーボードのアクセサリー。欲しいものがあれば早く買おう。そんなに値下げはしないから

ゴーグルやヘルメットやグローブなどのスキーやスノーボードのアクセサリー。もし欲しいものがあれば早めに買いましょう。待っていてもそんなに安くはなりません。

アクセサリー売り場*子ども用アクセサリー売り場にて

スキーやスノーボードのアクセサリーとは

スキーやスノーボードのアクセサリーとは、板やブーツ、ウエア、ストックなど大きなモノ以外の小物のことを言います。

 

スノーシーズンがまもなく始まり(もう始まっている人も)ウキウキしている人も多いのではないでしょうか。
ロッジやゴンドラ以外では3密を回避できるアウトドアスポーツ。
今年はスキーやスノーボードをしようと思っている人も多いのではないでしょうか。

その準備として小物をチェックしましょう。
先日ブログにアップした

まもなくスノーシーズン。スキーヤーやスノーボーダーが今から準備しておくグッズあれこれ

スキーやスノーボードを買うなら今がチャンス。大型スポーツ店で昨年のモデルを狙おう

が、そこそこ読まれているのは準備をはじめている人も多いからではないでしょうか。

スキーやボードの板、ブーツ、ウエアなど高額なものは買わないけれど、そろそろ

・グローブ
・ビーニー(ぼうし)
・キャップ
・ヘルメット
・チケットホルダー

など買いたい人もいるはずです。

そんなアクセサリーですが、もしも購入を考えているなら、早めに買いましょう。
商品が新しいうちに購入するのをおすすめします。

 

ナショナルブランド(NB)とプライベートブランド(PB)のアクセサリー

アクセサリーにはナショナルブランド(NB)とプライベートブランド(PB)があります。

 

アクセサリーはシーズン途中や終了近くになれば多少の値引きがあります。
しかし、同じ種類のアクセサリーでもプライベートブランド(PB)とナショナルブランド(NB)では値引き率が違うのです。

PBはうんと安くなりますが、NBはほとんど安くなりません。
もしPBのアクセサリーでよければ少し待つのも作戦ですが、NBならばいつ買っても違いはありません。

そのためNBが欲しければ早く買うことをすすめているのです。

ナショナルブランド(NB)とプライベートブランド(PB)の違いについてまとめてみます。

ナショナルブランド(NB)

ナショナルブランド略して(NB)と言います。

NBは大手メーカーの名前が入った商品です。
(商品をつくっている工場はPBと同じところでつくっている場合もあります)
誰もが知っている有名なメーカーと言ってもいいかもしれません。

たとえばウインタースポーツでいえば、

・デサント
・フェニックス
・ミズノ
・SWANS
・バートン
・anon(バートン)
・DICE

などがNBです。

私が持っているアクセサリーのほとんどがNBです。
NBは安いモノもありますが、比較的高い商品が多いのが特徴です。

**********************
私はスキーとスノーボードの両方をするのですがNBでもボードブランドとスキーブランドに分けて使っています。
誰にも指摘はされないのですが、自分のこだわりです。
スキーをしているのにスノーボードブランドをつけていると少しだけ心地が悪いのです。
(もちろん気分だけです)
**********************

そんなNBはあまり安くなりません。
大型スポーツ店には、ある程度高いアクセサリーはそれほど数もありません。
値段が下がるのを待っていると、なくなる可能性もあります。

 

プライベートブランド(PB)

プライベートブランドは略して(PB)と言います。

有名な大手のメーカーのモノではなく、小売り業者や卸業者が開発した商品です。
ゼビオやデポ、オーソリティーなどの大型スポーツ店がそれにあたります。

商品の製作はNBと同じ工場でつくるのがほとんどですが、ブランド名が違うのです。
たとえば

・イグニオ
・ファブリス
・ハート
・キスマーク
・セレス
・CSB
・タラスブルバ

などです。

あまり有名ではありませんが、ロゴを見ると一度は見たことがあるかもしれません。
知っている人には「購入バレ」(どこのスポーツ店で買ったのかがバレる)するのもPBです。

名前は有名ではありませんが、NBと同じ工場でつくったモノが多いので、商品自体は悪くありません。

自社ブランドのPB。
そのためアクセサリーの多くは安くなる可能性があります。
999円になったり1980円になったり。

これらの商品は安くなるのを少し待つことも作戦かもしれません。

 

NBはあまり安くならないし、お店からなくなる場合もある。
PBは商品自体あまり高くはないし、少しすると安くなる場合がある。

そんな違いがあります。

アクセサリーは早く買ったほうがいい理由

アクセサリーは早く買ったほうがいい理由のまとめです。

 

NBは安くはならない

NBは安くはなりません。
もともとの仕入れが高いですし、値引きしなくても、ある程度売れるからです。
そのため割引を期待して待っているより、早めに買うと、たくさん使うことができます。

 

NBはすぐに売り切れてしまう可能性がある

NBは値下げを待っているうちに売り切れてしまう可能性があります。

そもそも大量に仕入れていませんし、もしほかの店舗で欲しいといわれたなら、他店舗へ移動してしまいます。

私もよく行くお店に買いたいサイズや色がなければ、ほかの店舗にないか、よく聞いています。
以前、調べてもらうと全国に7つしかなく、北海道札幌のお店から送ってもらったことがありました。
商品の値段が高かったのと、いつもそのお店で買っているからだったのでしょうが。

NBはすぐに売れてしまう可能性があります。

ほかの人にバンバン試着される可能性がある

早く買わなければ、人にバンバン試着される可能性があります。

アクセサリーは試着されます。
スキーのブーツやウエアなどの試着はあまり気になりません。
しかしグローブやフェイスマスクなど、直接手や、顔に触れるものは別です。

コロナ禍のご時世だけではなく、不特定多数の人が触れるのは気持ちのいいものではありません。
グローブやフェイスマスクなどは消毒もしないでしょうし。

以前、映画に出てくる銀行強盗が被るようなデザインのフェイスマスクが売っていました。
とても面白く目立った商品でした。

そのフェイスマスクを遠目で見ていると、お客さんの多くが被っていたのです。
一緒に来た子どもに見せるため、友人に見せるため、彼女に見せるためです。

ウケを狙って……です。

それを見てゾッとしました。
私も少し前に被ったので……。

 

直接カラダに触れる、グローブやフェイスマスク、ビーニーなど。
気になる人は多数の人に試着されないうちに買いましょう。
未開封のビニール袋に入っている商品がなければ、並んでいるそれを買うしかありませんし。

 

 

「NBとPBについて」と「アクセサリーは、なるべく早く買ったほうがいい理由」をまとめてみました。

 

今年、スキーやスノーボードのアクセサリーを買うときの参考にしていただければ。

 

 

【編集後記】

全日本スキー連盟のオフィシャルブックを取りに行ってきました。
2021年用スキーやスノーボードの教科書です。
今年の研修会はもしかすると短縮になるかも、とのこと。
私はいつも仕事の関係で勝手に短縮になりますが。
今年は久しぶりに全日程参加できるので短縮になれば残念です。

 

 

 

【昨日のOnce a day】 一日一回新しいことを

・弟家族と牛若
・SAJオフィシャルブック2021

タイトルとURLをコピーしました