はじめての場所、宮崎県へ。宮崎行きを決めたわけ。

7月26日より宮崎県に来ています。はじめての場所ですが、来てよかったなと思っています。しかし、宮崎行きをなかなか決心できませんでした。宮崎行きを決めたわけをまとめました。

宮崎駅にて

 

はじめての場所、宮崎県

宮崎県を訪れました。これまで宮崎には行ったことがなく、はじめての場所でした。とても良いイメージがあり、一度は訪れたいと思っていましたが、機会はありませんでした。

 

指導先の監督とコーチが昨年の冬、プロ野球のキャンプを見るために宮崎を訪れた話をしてくれました。気候も良く、とても楽しかったと言っていましたので一度冬に訪れたいと思っていました。

しかし金沢からはアクセスがあまりよくなく、もっぱら電車移動の私にとって、国内なのに飛行機の乗り継ぎはハードルが高いものでした。国内線の乗り継ぎは大学生以来のことでした。

いつか行きたいとは言いつつも、距離というハードルに負け、何か用事がなければ行くことがなかったかもしれません。

今回、用事ができたのです。しかしそれは必要に迫られたものでもなく、遊びに行くことでもなかったのです。
それが宮崎行きを迷わせる原因でした。

決心がつかなかったわけは「距離」と「試合」

一度は訪れてみたかったのですが、行く機会がありませんでした。しかし2か月前に試合が宮崎であるということを知ります。
友人は行くのを決めていましたが、私はなかなか決心がつきませんでした。宮崎までの距離と、試合が原因でした。

もしも単純に観光や遊びだとすれば、おそらく気軽に行くと決心したと思います。今は比較的に時間が自由ですし、再三ブログでも書いてある通り、一日一回新しいことを目指しているからです。

一日一新をまねて一日一回。「Once a day」新しいことを
人とちょっとだけ違ったことを。日傘男子に挑戦

しかし、遊びでも観光でもなく、会社の出張のようなものではありませんでした。

「第37回全日本マスターズウエイトリフティング競技選手権大会」

です。マスターズとはいえ、全日本の大会です。日本の同じ年齢、同じ体重の選手が戦うのですから気軽にとはいきません。私は。
もちろん任意ですから、出る、出ないは自由です。自己負担ですし。

「遠いから出ない」と言ってしまえばそれでおしまいです。

私もはじめは「遠いし出ない」といっていました。上記のように本当に遠いですから。しかし心の奥には試合に対する恐怖のようなものがあったのです。

もし近隣の富山や、福井であったとしても日程を理由に迷っていたと想像できます。
「距離」はいいわけでしかなかったのです。

距離の他にも迷うことがありました。

結果が出なければ恥ずかしい

ウエイトリフティング競技は2種目あり各3回の試技があります。
もし1種目3回とも失敗すると、失格なのです。通称「ゼロ(0)る」と言います。失敗しない重量をはじめに成功させるのも作戦ですが、それでは勝負になりません。安全にいくのと、「ぎりぎりの確実」を狙っていくのとは違うのです。同点の場合は順位にも影響されますし。

だから「確実に狙って行く」のですが、それは決して軽い重量ではないため、失敗もあるのです。
「宮崎に行ってゼロ・るのも」そんな気持ちもありました。

減量

3㎏も4㎏も落とすわけではありませんがやはりストレスです。
なかなか落ちてくれませんし、試合1週間前から頭の中は体重のことばかりです。
市民大会、県体会。今年も2回減量をしましたからもういいかなと。

減量は、もう一つの試合

決戦は土曜日。私の決戦の日は今日

観光を楽しめない。試合前は…

当然ですが、試合前は観光を楽しめません。大人ですから学生のように制約はありませんが、それどころじゃありません。
そして楽しみでもある食事も十分にできないので。。。
今回もホテルのバイキング朝食券を無駄にしました。
検量(計量)は14時でしたし。

プレッシャー

自分で好きでやっているので、感じる必要はないのですが、やはり勝負です。楽しむだけでは試合に出る意味はありません。私に限ってですが。

「参加することに意義がある」は人から言ってもらう言葉。参加するからには結果を残す。

知らない場所、知らない会場

もちろん距離も関係ありますが、この2つも迷う原因でした。
方向オンチのため、これもストレスなのです。
大半の方は初めての場所なんですけどね。
私の場合はその比重が大きいのです。

********************
こんな理由で、ギリギリまで悩んでいました。
返事を2日遅らせました。その結果、市内には宿泊先がないというハプニングも。JTBの人も

「〇〇ホテルのスイートしか空いていません」

と。何とかおさえてもらいました。喫煙部屋でしたが。
決断を遅らせるほど悩んだのです。

それでも決断したわけ

それでも参加することを決断しました。
そのわけは、

全国大会に出たことがないから

今でこそ、オリンピアンや、国体選手、全日本優勝のチームを指導させてもらっていますが、私は出たことがありません。
テニスのナショナルチームの合宿に参加したときはうれしかったですし、全国大会に出ている選手たちと接する仕事は幸せだと思っています。そんな私ですから全国大会は特別な思いがあります。

思いが強すぎてプレッシャーをかけているのかもしれません。

日本一動ける50代を目指すため

マラソンは走れませんし、球技もあまり上手くはありません。得意なスキーや、ボードも年齢日本一を目指せるレベルではありません。
ウエイトリフティング競技なら一般的にニッチなスポーツなので目指せるかなと。
練習も十分に積んでいますし。

やはり日本一になりたい

やはり一度は日本一になりたいからです。
細かい理由はありません。とにかくです。

指導する選手にも説得力が増します。
「私も目指しているんだ」と。
大切なことではないでしょうか。

一日一回(Once a day)新しいことを

これも大きかったです。距離も試合のプレッシャーもありましたがこれが最後のひと押しになりました。
新しいことは、ちょっとしたストレスですが、人生限られた時間、新しいことに躊躇するのはもったいないと思っています。

痛みを伴うこともありますが、大切だと思っています。
もしも「来年は参加しよう」と思っていても確実に参加できるかは、誰にもわかりません。
やろうと思ったときがやれる時です。

********************
人から見れば、なんてことない話ですが、3泊4日の宮崎への旅は
スッと決まったものではなく、私なりに悩んだものでした。

しかし、試合の結果はどうであれ、来てよかったと思います。
日傘デビューもしましたし。

これからは距離をいいわけにするのではなく
新しいことを、場所を楽しむようにします。

何かの参考になってくれればと思います。

 

【編集後記】

今日が宮崎最終日。間もなく金沢に帰ります。
雨男の私には珍しく、すべて快晴でした。暑過ぎましたけど。
思いの他、時間はとれませんでしたが十分に楽しめました。

昨日はアップした記事が消えるというハプニングがあり
急遽書き直すという出来事がありましたが、それ以外は
最高の宮崎でした。
次回はレンタカーでいろいろ行きたいです。
(観光はできませんでしたから)

 

【昨日のOnce a day】一日一回新しいことを

・ブログ記事消える
・ブログ記事書き直し(バックアップナシ)
・たちばな十番
・かま源(ラーメン)
・ホテルの朝食バイキング

などなど

 

 

タイトルとURLをコピーしました