「iPad Pro 11インチ」 割引にこだわって結局、損をした話

またまたやってしまいました。「iPad Pro 11インチ」の購入。割引にこだわり、欲をかいてしまいました。
結局、割引ポイントと時間をムダにしてしまいました。

SnapCrab_NoName_2020-4-15_14-46-0_No-00

「iPad Pro」初売りを回避して注文

1月2日のアップル初売りを回避して、先日「iPad pro 11インチ」を注文しました。

 

2018年に発売された「iPad Pro」
そろそろ新しいモデルが発売されると予想していました。
そのため年に一回しかやらない1月2日のアップル初売りを回避しました。

その初売りは、毎年あるとは限りません。
そのうえすべてのモノが対象ではないので、当日にならなければわからないのです。

今年の初売りは私の欲しいiPad Proも対象でした。
金額の割引ではないのですが、購入すると1万2千円分のギフトカードがもらえるのです。
さんざん悩みましたが、今回は購入を見送ったのです。

理由は上記に挙げたように、「そろそろ新しいモデルが出るだろう」と思ったからです。
予想はずばり当たりました。
(ほとんど予想されていましたが……)

3月に新しいモデルが発売されたのです。

 

さんざん迷って注文

新しいモデルが出れば、すぐに買うと決めていたのに、すぐには注文しませんでした。
理由は、「評判はどうか」「どこで買うのか」「どのように買うのか」をさんざん迷ったからです。

昨年から欲しかったiPad Pro。
3月の発売と同時に注文するはずでした。
しかしさんざん迷ったあげく4月5日にやっと注文したのです。
そのため、いまだに手元に届いていていません。

評判はどうか

買うことは決まっていましたが、いざ買うとなるとニューモデルの評判が気になります。

ネットをパトロールしていると、ファーストインプレッションと称し、多くの人が感想を書いています。
それが気になり、発売同時の注文を見送りました。

多くのブログを読み、購入は間違いないと納得しました。
改めて購入を決定しました。

どこで買うのか

購入は決定しましたが、今度は「どこで買うのか」で迷いました。

候補は

・アップルのサイト
・ヤマダなどの電機店

です。
電機店での購入はポイントがつかないと知っていました。
しかし、多少は安いのかと色気が出てしまいました。
そのお店のポイントも使えるかもしれませんし。

店頭に行ってみようかなと思ったのですが、このご時世です。
アップルのサイトで購入することにしたのです。

セルラータイプが欲しかったのでアップルのサイトで正解でした。
(電機店では注文ですし)

アップルサイトで購入を決めるまで、電機店のホームページをいろいろパトロールしてしまいました。

どのように買うのか

最後は「どのように買うのか」です。

買い方の選択は2つありました。

・JACSSモール
・楽天Rebates(リーベイツ)

です。

それぞれを経由して購入すればポイントがアップされるのです。

いつも使っているカードのJACSS。
JACSSのモールを経由すると通常0.5%ですが期間限定で1.5%ポイントがつくことがわかりました。

もう一つは楽天リーベイツ。
楽天リーベイツのアプリを経由してアップル製品を購入すれば、楽天ポイントが多くつくとの評判でした。
すぐに楽天リーベイツアプリをダウンロードしました。
内容を確認すると2%のポイントアップでした。

JACSSモールで購入する利点は、一定のポイントが溜まるとカードの使用金額からポイント分の金額をひいてくれることです。
JACSSカードをメインで使っているので、カードから引いてくれるのはとても都合がいいのです。

楽天リーベイツはポイント2%のポイントバックです。
総額14万円以上の商品を購入するのですから2%のポイントはとても魅力的です。
楽天もよく使いますので、ポイントもすぐに消費できます。

欠点はポイントバックのポイントは使用期間が短いのです。
一か月でポイントが失効するので、先に購入するものを決めておかなければいけません。
欲しいものがあればいいのですが、なければ無理にでも買わなくてはいけないのがデメリットでした。

さんざん迷った末、楽天リーベイツ経由で注文することにしました。

以上、これが3月の発売日ではなく4月5日まで注文するのが伸びた理由でした。

まさかのトラブル。いったんキャンセル、再度注文……

いろいろ迷って注文した「iPad Pro」。下取りプログラムにまさかのトラブルがあり、いったんキャンセル。再度注文になってしまいました。

 

4月5日に注文すると、配達予定は20日になっていました。
4月1日に確認すると、その時は1週間前後の配達予定でした。
しかし、4日間、注文が遅れたことで3週間近く配達が遅くなったのです。

それは仕方がありません。
発送元の中国深センもコロナでたいへんだと聞きます。
注文後にきたメールでは4月20日に到着とのことでした。

今回は下取りプログラムも注文しました。
4月末までに対象のiPadを下取りに出すと割引になるのです。

2012年に購入した通称「iPad 3」(新しいiPadと呼ばれていました)を下取りに出すと、なんと1万円が戻ってくるのです。

通常、アップルに下取りに出すと査定は2千円です。
これは今回、下取りプログラムに出さない手はありません。

・iPad Pro 11インチ
・ペンシル
・Appleケア
・下取りプログラム

の4つを注文したのです。

 

そして待つこと2週間。
ペンシルだけすぐに届きました。

次は下取りプログラムの返送用のキットが届きました。
下取りキットを受け取るには、宅配ドライバーに身分証明書の提示が求められます。

運転免許証を提示すると、宅配ドライバーの端末と個人データーが一致しません。
何回やってもエラーになるのです。
どうしようもなく、ドライバーはキットを持ち帰っていきました。
(この忙しい中に申しわけないです)

ドライバーいわく、どうしても生年月日が一致しないらしいのです。

下取りプログラムでは、キットが配達される前にAppleからメールが来ます。
下取りに不正がないように、生年月日などの情報を事前に登録しておかなければいけないのです。

2日前に登録した情報は正しく記入したつもりだったのですが……。
しかし、データーが一致しなかったのですから、どこか間違えているのです。

訂正をしようとアップルのホームページにサインインしました。
しかし登録情報をみることができません。
チャットやメールで問い合わせをしようと思ったのですが、コロナのためでしょうか今は電話でしか対応できないようになっていました。

電話はなかなか、つながらないのが予測されイヤイヤ連絡をしてみたのです。
やはり何回電話をかけても混雑中の音声が流れ、途中で切れてしまいます。
やっとつながったとしても、15分以上オペレーターが出てくれませんでした。

時間を変えて何度連絡しても、やはりつながりませんでした。

7回目にやっとつながりました。
待つこと15分以上。
やっとオペレーターが出てくれたのです。

オペレーターと細かいやり取りを20分。
結論はAppleの登録情報はわかるのですが、下取りプログラムの登録情報は別個のものでした。
その登録情報は個人情報のため、オペレーターでも確認できないとのことでした。
そのため、いったんキャンセルをして、再度注文してほしいとのこと。
そうしなければ下取りプログラムが無効になるというのです。

もちろん割引もなくなります。
そのためもう一度サイトで注文することになったのです。

今注文すると発送予定は10日後になっていました。
残念ながらポイントも変更になっていました。

・JACSSカードは0.5%
・楽天リーベイツは1%

それぞれ通常と変わらないポイントになっていたのです。

 

**********************

・少しでも得をしよう
・少しでも安く買おう
・なるべくポイントを多くもらおう

など、少し考えすぎてしまいました。
私が日々実践している「しないことリスト」

「割引率に惑わされない」

があります。
最近は守ってきたのに、久しぶりに破ってしまいました。
購入金額が少し高額だったため、気持ちが少しブレたのでしょう。

割引に惑わされたため

・注文までの時間をムダにした
・結局ポイント還元されなかった
・サポートセンターに電話する手間と時間がかかった
・すぐに使えなかった

など、割引と引き換えに、時間とすぐに使う楽しさを犠牲にしてしまったのです。
結局、大きな損をしたのです。

すぐに「割引率に惑わされない」を「しないことリスト」の一番上に変更しておきました。

「割引に惑わされずに、買いたいときにすぐに買う」
これが一番損をしないことなのです。

 

【編集後記】

金沢市の大きな百貨店も明日から一斉休業です。
さらにスーパーやホームセンターが混むのが予想されます。
注意が必要です。

 

【昨日のOnce a day】 一日一回新しいことを

・カルビスパイシーカレー(テイクアウト)

タイトルとURLをコピーしました