花粉症対策のゴーグルメガネ。マスクによるメガネのくもり軽減には「ノーズパッド」がおすすめ

外出時、花粉対策のためにマスクとゴーグルメガネは必須です。一番の悩みはマスクをしているためにゴーグルメガネがくもることです。メガネのくもり軽減のためにはノーズパッドがおすすめです。

ノーズパッド

 

ゴーグルメガネはくもりやすい

ゴーグルメガネの欠点はくもりやすいことです。

 

毎日のウォーキング。花粉症対策のためゴーグルメガネをかけています。
マスクとゴーグルメガネをすると花粉症の症状が軽くなります。

今の時期、私にとってこの二つのアイテムは最強のものです。
昨年は4月から9月まで外出時に、マスクとゴーグルメガネの装着を徹底することで、花粉症に勝利しました。

花粉症勝利宣言(2019年シーズン)

私はカモガヤの花粉症です。
5月の初めから8月過ぎまでが花粉が飛散するピークです。
この期間は26歳の頃から長年悩まされてきました。

花粉症。花粉対策メガネとマスクで乗り切った!かも。

しかし、昨年はマスクとゴーグルメガネの装着を徹底しました。
そのため、花粉症の薬1錠と目薬2滴のみで乗り切ったのです。

今年もカモガヤに勝利したく、3月後半から対策をしています。

2020年「カモガヤ花粉症、勝利作戦!」

コロナの影響もあり、例年より早くマスクをしたのもあります。

ゴーグルメガネとマスクは花粉症には最強のアイテムですが、欠点もあります。
最大の欠点はくもりやすいことです。

 

そのため、これまでいろいろな対策を立ててきました。

・くもり止めスプレー(数社)
・くもり止めクリーム(数社)
・くもり止めつきゴーグルメガネ
・数社のゴーグルメガネ

など、いろいろ試しましたが結論は

J!NSの花粉カットメガネ + 鏡のくもり止めスプレー(レック)

に落ち着きました。

2019.7.18

スプレーを丁寧に塗って、ドライヤーで乾かせば、ほとんどくもりません。

しかし、塗った直後のウォーキングではくもりませんが、そのままにしておくとやはり次回はくもるのです。
毎回やればいいのですがどうしても……。

くもってしまえば視界が遮られます。
くもるのはストレスですし、いったんメガネを外して拭くのもめんどうです。
まして花粉になるべく接したくないのに、メガネを外すのですから本末転倒です。

プチストレスを抱えながらゴーグルメガネをしていました。

ふつうのメガネでもマスクをしていれば、マスクの上から漏れる息で、くもりやすいものです。
しかしメガネは顔とフレームが離れているので、息は上や横に逃げていきます。
息の通り(流れ)がいいのです。

ゴーグルメガネは花粉を目に侵入させないためのものです。
そのためフレームと顔がほぼフィットしています。
それが花粉侵入阻止には最大の利点ですが、湿り気のある暖かい息には、最大の欠点になります。

顔とメガネが密着しているために、一度くもってしまうと、通常のメガネのようにくもりが晴れにくいのです。

「痛しかゆし」のところがゴーグルメガネにはあるのです。

そんな悩みを抱えつつドラッグストアで見つけたのがこれです。

さっそく試してみました。

「ノーズパッド」(フィッティ)を使ってみて

ドラッグストアで見つけた「ノーズパッド」(フィッティ)を使ってみました。

 

存在は以前から知っていたノーズパッド(フィッティ)です。
コロナ騒動前は300円程で売っていましたが、アッという間に店頭から消えました。

ネットで探すと1000円以上のプレ値がついていた時もありました。
先日ドラックストアに283円(税込)で売っていたのでさっそく購入し試してみました。

ノーズパッドの原理は簡単です。
マスクの上部にノーズパッドを取り付けるだけです。

ノーズパッドには「面ファスナー」という滑り止めがついています。
鼻に当たる部分はEPDM発泡体というスポンジのような素材です。
洗って何度も使えるのが売りで、2個同封されています。

長ければ切って調節できるのがとても便利でした。

仕組みは簡単です。
マスクの上部に貼ることでマスクと顔に若干の隙間ができます。
そうすると花粉などが侵入してきますが、発泡体でカバーしてくれます。
息が直接ゴーグルメガネ(メガネも同じ)に当たらないので、くもらないという仕組みです。

本日さっそくノーズパッドを装着し、いつもの約5キロ・約50分のウォーキングをしてきました。

結論です。

まったく、くもりませんでした。

長年のストレスが一瞬で解消された気がしました。

そのあとで不織布以外の布マスクにも試してみました。
不織布マスクよりもフィット感はありませんでしたが、使えるレベルでした。
私が購入したのは

「ふつう・やや小さめ」

のサイズのものです。
私には十分な大きさでした。

雨や風が強いときなど、いろいろなシーンで今後試してみます。

 

第一印象としてはおすすめ大です。

ノーズパッドのデメリット

ゴーグルメガネがくもらなかったノーズパッド。デメリットも少しあります。

 

鼻に違和感がある

いくらスポンジ状の細いものですが、鼻の頭や目元にスポンジが触れます。

気にし始めると気になります。
かゆく感じるかもしれません。

私ははじめ、少し違和感がありました。
しかし数分もすれば気にならなくなりました。

ウォーキングのあと、鏡を見ると特に赤くもなっていませんでした。
商品パッケージを読むと、アレルギーテストはしているようですが……。

もしかすると敏感肌+気になる人にはダメかもしれません。

耐久性は

耐久性に疑問が残ります。
何回も洗えると書いてありますが、肌に直接触れるものです。
毎回洗いたいものです。

まだ1度しか洗っていませんが耐久性はあるのかと。

しかしノーズパッドは2個入っていますし、300円程度のものです。
あまり気にしなければ決して高くはないかと。

これも試していきます。

まだ買いにくい

同じことを考えている人が多いのでしょう。

まだどこにでも、いつでも売っているわけではありません。
まあ、私はほとんど外出していないので、近くのドラッグストア数件しか行っていません。
サンプル数が少ないので、どうかなとは思いますが……。

夜に5つあったノーズパッドが次の日に行くと、もうありませんでした。
横にはマスクがたくさんありましたが。

私はまとめ買いをしないので今はまだ買いません。
マスクを1箱しか買わなかったのは、マイルール「まとめ買いをしない」があったから

もしも耐久性がなく、すぐにダメになったとして、再び購入できないとなると少し心配です。
1000円もするプレ値で購入するのはイヤですし。

もちろん効果があった場合ですが。

マスクをはじめ衛生に関連したものは未だに買いにくい状態です。
100枚入りビニール手袋はやっとゲットできました。
長い間、探していました。

 

**********************

今回の紹介はゴーグルメガネくもり対策のための商品でした。

6月になれば部活動も再開されます。
「運動中は必ずしもマスクの着用は必要ではない」といった方針は発表されましたが、指導者の着用は微妙です。

まして私は外部の者ですからマスクは必要かもしれません。
チームサポートのときにマスクをしていれば、声が通りにくくめんどうなものです。

しかしそうは言ってはいられません。
花粉症対策のためには「なおよし」と考えることにします。
ついでにゴーグルメガネも着用します。

その時にノーズパッドが役にたってくれればうれしいです。

 

まだまだ価格は高いようです。
(2020.5.30 時点)

 

 

【編集後記】

友人から久しぶりの連絡。
ウエイトリフティングに関する話題でした。
ひさしぶりのウエイトリフティングの話題だったので、ひとりで盛り上がってしまいました。
彼は一線級のトレーニングコーチです。
仲間とトレーニングの話をするのは楽しい限りです。

 

【昨日のOnce a day】 一日一回新しいことを

・バーリアル

タイトルとURLをコピーしました